ゼロから始めるLoL league of legends(リーグ オブ レジェンド) 初心者が上達するためには ー レーンを知ろう

スポンサーリンク
LoL
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

今回は前回の記事に引き続き、リーグ・オブ・レジェンド 通称LoLというゲームについて紹介していこうと思います

今回は初心者の方がまず陥るだろう レーンって何? 問題を解消していきたいと思います

僕が初めて間もない頃、初めて対人戦をやったときに 仲間から自分の操作しているキャラにはてなピン(ミニマップ上で表示される敵が視界からいなくなったときに使う)をやられまくったことがありました

その時はなんでこんなにピンをたかれているのかよく分からなかったんですけど、

あとから理由が分かりました

それは レーン というものを理解していなかったせいでした

はてなピンはお前はなんでここにいるんだという意味で怒られていることも後で知りました(泣)

そんな初見殺しのレーンというものを今回は紹介していこうと思います


目次

そもそもレーンとはなにか? 

それは サッカーで言うところのポジションです

このLoLというゲームにもポジションというものが存在していて、ポジションごとにやることや使われるチャンピオンの特徴が違ったりします

サッカーだったら点を取りに行くフォワードや、ゴールを守るキーパーなどがLoLでも決まっているということです

このレーンが決まっていることで自分がいるべきところがある程度明確に決まります

しかし、試合の中でレーンが変わることもあります

これはスワップとも呼ばれていて、ある程度実力があるプレーヤーは知っておいたほうがいい考え方のひとつです

これについてはまた別の記事にまとめようかなと思います

最初の方はスワップなど気にせずに自分のレーンにいて味方が戦っているときだけ、よってあげるという感じでいいと思います

結論、レーンとはポジションである

レーンの紹介

LoLには5つのレーンが存在します

下の図のように上からTOP(トップ)、MID(ミッド)、BOT(ボトム)、その間にJG(ジャングル)があります

各レーンには人数と言ったものが決まっていて、TOP、MID、JGは1人で、BOTだけ2人が担当します

それでは各レーンについて紹介していこうと思います

TOP(トップ)

TOPレーンはマップで言うと一番上にあります

このレーンは1人のプレーヤーに任され、1対1のガチンコ対決といった男のレーンです

1対1が多いことからよく陸の孤島といった言われ方もします笑

このレーンの特徴としてはレーンがMIDに比べると長いということです

そのためタワーまでの距離が長く、相手との戦闘が長引いたり、ガンク(JGを呼ばれて2対1の状況にされる)をされる可能性が高いです

チャンピオンとしてはタンク(チームの壁役、体力多くて硬い)やファイター(近接戦士、体力も多く火力もある)が来ることが多いです

具体的にはタンクとしてはオーン、マオカイなど、ファイターだったらガレンやダリウスなどが挙げられます

またTOPの特徴としてサモナースペル(プレーヤーが詠唱することができるスペル)でテレポートを持つことが多いです

オーン(タンク)

出典:https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/

ガレン(ファイター)

出典:https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/

MID(ミッド)

MID(ミッド)レーンはマップのど真ん中にあります

このレーンはマップの中央ということもあり、非常に重要なレーンです

このレーンに来るのは基本的にチームで一番上手い人で、LoLのプロゲーマーといえばこの選手というほど有名で上手な選手であるFakerもMIDレーンです

このレーンはマップの都合上、とにかく色んな所からお客さん(敵)が来ます

1対1が基本ですが、それでも本当によく来ます(大事なことなので…)

他のレーンもそうなのですが特にこのレーンは、目の前の敵と戦いながらもミニマップで常に敵の位置、味方の位置を把握して動ける事が前提となります

さらに対面の相手をソロキル、もしくは味方を呼んでキルを狙っていく非常に攻撃的なレーンでもあります

暇さえあれば他のレーンにお邪魔して、敵を味方と一緒にキルすることもこのレーンの特徴です

またこのレーンは他のレーンに比べてタワー間の距離が短く、対面にソロキルされにくいと言った特徴もあります

MIDレーンにはアサシン(体力の低い相手を一瞬で溶かす暗殺者)やメイジ(遠距離攻撃が得意な魔法使い)が多く、最近ではファイターも見ることがあります

具体的にはアサシンとしてタロンやフィズ、エコーなど、メイジとしてはシンドラやアジールなどがいます

ちなみに僕がLoLの中で一番好きなチャンピオンが、下にも紹介しているエコーです

キャラも好きだし、声も好きだし、なによりも使っていて楽しいのでぜひ使ってみてください

エコー(アサシン)

出典:https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/

シンドラ(メイジ)

出典:https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/

JG(ジャングル)

JGはマップで言うとレーンとレーンの間に位置しています

このレーンにはミニオンが存在していません

そのため中立モンスター(攻撃するまで敵と認識しないモンスター)と呼ばれるものを狩ることで経験値やお金を得ることができます

このモンスターはミニオンのときとは違い、ラストヒットを意識しなくてもお金を得ることができます

このレーンは他のレーンと違い、タワーというものが存在しません

そのため最初の目標はタワーを破壊することではなく、味方のレーンを助けて、味方に有利を作らせることです

ガンクと呼ばれる味方の対面に対して、攻撃を仕掛けることが主な役割となります

さらにJGにはもう一つ重要な役割があります

それは、大型の中立モンスターであるドラゴンやバロン、リフトヘラルドの管理です

中立モンスターについてはここでは省きますが、簡単に説明すると、倒すことでチーム全体を強くしてくれたり、タワーを壊す手伝いをしてくれるモンスターを召喚できたりします

このモンスターを敵に渡さないように立ち回りつつ、自分たちがモンスターを倒す状況を作ることが重要です

その他にもJGにはすることが多くありますが、この記事ではレーンの紹介に留めておきます

JGで使われるチャンピオンはアサイン、メイジ、ファイター、タンク、マークスマンと幅が広いです

具体的にはイブリン(アサシン)、エリス(メイジ)、ヴァイ(ファイター)、ザック(タンク)、キンドレッド(マークスマン)などがいます

ザック(タンク)

出典:https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/

キンドレッド(マークスマン)

出典:https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/

BOT(ボット、ボトム)

BOTはマップで言うと一番下のレーンに当たります

このレーンは他のレーンと違い、唯一2人のレーンとなっています

ADC(attack damage carry、ADキャリー)とSUP(サポート)です

まずはADCについて説明します

  • ADC(ADキャリー)

ADCはチームの火力役です

ADCはとにかく火力のみを武器につぎ込んでいきます

そのため、耐久力は他のどのレーンに比べても低く、殴られればすぐに死んでしまいます

しかし、逆に考えれば殴られないように立ち回りつつ、ダメージを出し続けられれば、試合を勝利に導くキャリーとして試合にも大きく貢献できます

僕自身もADCメインでやっていたこともあって、特に詳細に説明できると思います

ADCで序盤最も重要なことはCSをとることです

他のレーンと比べてもADCにとってCSをとることは、チームの火力の底上げに繋がり、集団戦で勝てるようになります

そのためいつでも多くのCSをとり、来たるべき集団戦に備えておくことが重要です

もう一つ重要なことはこのレーンは2人のレーンだということです

これが最重要だと言ってもいいかも知れません

2人でやるレーンなので味方との連携が非常に重要になってきます

味方が敵に対して仕掛けるタイミングにあわせて、自分も攻撃を仕掛けたり、味方が撤退したいタイミングは味方に合わせて下がる必要があります

味方であるSUPとの息を合わせることが必要になります

そのためボイスチャットを使用して、SUPと意思疎通ができる状態のほうが遥かに強いです

もちろん、ボイスチャットを利用しなくても慣れてくれば味方に合わせることはできるようになります

しかし、ボイスチャットは繋いでやるほうが僕の経験上やりやすいし、強いです

ADCで見かけるチャンピオンの多くはマークスマンと呼ばれています

通常攻撃の範囲が広く、遠くから敵に攻撃することができます

スキルも遠くから狙えるものが多いです

珍しいですが、まれにマークスマン以外でメイジやファイターが来ることもあります

代表的なマークスマンはケイトリンやジンクス、ミスフォーチュンなどがいます

僕がよく使っていたのはジンクスなので、特に思い入れが強いです

ケイトリン(マークスマン)

出典:https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/

ジンクス(マークスマン)

出典:https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/
  • SUP(サポート)

SUPは簡単に言うと、ADCを強くするための育て屋さんです

ADCが危ないときはスキルを使って助け、逆に相手のADC を倒せそうなときは仕掛けにいきます

そのため、SUPに来るチャンピオンの多くは味方を回復したり、行動妨害を防いだり、シールドを付けたりする支援系のスキルを持っていることが多いです

または、相手に対してCC(行動妨害)をかけたりするスキルを持っていることも多いです

最終的には味方のADC にキルを取らせたり、相手のADCを再起不能レベルまでいじめ抜くことが重要になります

SUPはADCを育てる以外にも重要な仕事があります

それは、視界をとることです

このゲームに置いて視界をとることは特に重要で、視界をとることで敵の居場所が分かり、相手に対して人数有利を作ったりすることもできるようになります

ここではあまり深くは触れませんが、視界はとても重要なので、別記事にて紹介しようと思います

さらにSUPは唯一他のレーンと違い、CSを取らなくても良いレーンとなっています

SUPは初めに買うアイテムにより、CSを取らなくても一定条件を満たすとお金がもらえます

そのためCSを取る必要がありません

その分ミニマップを注意深く観察して、敵がいなくなったときにすぐに伝えてあげたり、敵がいそうなところを教えてあげたりするのもSUPの重要な仕事になっています

SUPで使われるチャンピオンはサポートとタンクです

具体的にはサポートだとモルガナやソラカ、スレッシュなど、タンクだとアリスターやノーチラスなどです

スレッシュ(サポート)

出典:https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/

アリスター(タンク)

出典:https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/

性格別おすすめレーン

LoL初めたばかりの初心者にとって、レーンを選ぶのって結構迷いますよね

そこで僕自身が思うこういう人にはこのレーンがおすすめなんじゃないかなというのを独断と偏見でまとめてみました

よかったら参考にしてください

  • とにかく一対一の熱い男の戦いがしたい
  • 自分の力を示したい
  • 自分一人で試合を壊したい
  • ダークソウルとかするといつも脳筋がうまれてしまう

こんな人にぴったりなのが、TOPです

  • チームの司令塔になりたい
  • チームで一番うまい自信がある
  • ヒーローになりたい
  • テクニカルなキャラや難易度の高いキャラが好き
  • もし自分が念能力を手に入れるとしたら、変化系だと思う

こんな人にぴったりなのがMIDです

  • 策士と呼ばれたい
  • 戦術を考えたりするのが好きだ
  • 縁の下の力持ちになりたい
  • 考えながら見るアニメや漫画が好き
  • 隠密(メタルギア)したり、暗殺(アサクリ)したりするゲームが好き

こんな人にぴったりなのがJGです

  • とにかくダメージを出したい
  • 敵を遠くからけずるのが好きだ
  • 求めるものは火力のみ
  • APEXだとロングボウ拾っちゃう

こんな人にぴったりなのがADCです

  • 前に出るより後ろから支援するのが好き
  • RPGだとヒーラーにしちゃう
  • 味方を守りたい
  • 目立たないけど上手いと差がつく、そんなのが好き
  • マッピングするのが好き
  • ヒーラーしている女の子は可愛いと思う

こんな人にぴったりなのがSUPです

スポンサーリンク

まとめ

対人戦になるとレーンというものは知っておかないと喧嘩になっちゃいます

なので事前に自分がどこのレーンに行きたいかをチャンピオンを選ぶときに宣言しておきましょう

そうすれば味方も分かってくれます

自分に合うレーンを見つけるためにも、いろんなレーンに挑戦してみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました