めんどくさがりのための頭に残る読書の方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

読書をしたときに本の内容を忘れてしまわないように、

本の大事なことをすべて吸収しようと、

本に書き込んだり、ほんのページを折ったり、蛍光ペンで書いたり・・・

そんなことをしていませんか?

僕もかつては読書の仕方の本を数多く読んでこれらのことを実践してきました。

しかし、面倒くさがりで三日坊主の僕には、これらのやり方は長くは続かず、

肝心の読書をすることも面倒くさくなってしまいました。

そのため、読書を習慣化すること、そして、その内容を実生活に実践することも

到底無理な状況が数年続きました。

しかし、様々な本を読んでそれらを試しながら、自分なりに改良して

実践していった結果、

自分なりの方法でこれらの問題を解決することが出来ました。

しかし、この方法は本のすべてを自分のものに出来たり、一度読んだだけで

本の内容を忘れなくなるというような夢の方法ではありません。

しかし、このやり方で本を読むことを続けられるようになり、その本の

重要なことを実生活に活かせるようになりました。

早速ご紹介していきたいと思います。

面倒くさがりでも続けられる3つの読み方

1. とにかく後ろは振り返らない

僕はとても本を読むのが遅いです。

今では人並みくらいには速く読めるようになりましたが、

昔は本当に遅かったです。

あまりに遅かったので


遅読家のための読書術

こんな本も買って読んでました笑

こんな本と言っていますが、すごくいい本です。

今までになかった考え方で読書ができるきっかけになった本で、

書いてある内容を全部吸収しなくても良いんだ!と気づくことが出来ました。

話を戻します。

後ろを全く振り返らずに読むようになってからは

テンポ良く読めるようになり、習慣化することも出来るようになりました。

本を読むのが遅くなる最大の理由が

読んだ箇所をまた読み直してしまうことです。

読んでる途中で「あれ、さっきの内容なんだっけ?」というように

本の内容を忘れてしまっているため、またその箇所を読み返す

読み返したあとに、次のページを読んで、また読み返す・・・

それをひたすらエンドレス。

こんな読み方をしていては、いつまで経っても一冊の本を読み終えることは出来ません。

何よりテンポよく本を読むことが出来ないので

物凄くストレスです。

そのため本を読み続けるということが難しくなり、習慣にすることが

できなくなってしまします。

最初はとにかく後ろを振り返らずに読むように意識しながら

読んでいってみてください。

大事なことは後ろの内容を忘れたとしても、とにかく前に進めることです。

はじめは戸惑うと思いますが、まずは内容を忘れてしまってもいいので

後ろは絶対に振り返らずに読むことです。

そうすれば、読むのが遅いせいで、読書を続けることが出来なくなることは

減っていくと思います。

後ろを振り返って読むという行為は、後でいくらでも読み返せるから、

その内容を忘れてしまっても構わないという考えが、無意識のうちに

起こってしまうことが原因だと考えられます。

そのため、荒療治ですがとにかく後ろを振り返らないということが大事です。

アウトプットは行動で!

読書をするときにページに書き込んだり、ページを折ったり、

蛍光ペンで大事なところを線で引いたり・・・

そんな面倒なことはやめましょう。

僕はその方法を何度も試しましたが、とにかく続きませんでした。

理由は単純で、ひたすら面倒だからです。

本を読むこと自体は楽しいのに、この方法のせいで本を読むことが面倒になり、

読書が嫌になってしまいました。

そのため、この方法はめんどくさがりの人には全く向いていないです。

面倒くさがりの人にはアウトプットは一つで十分だと思います。

それは”行動”することです。

本の内容でこれは使えそうだとか、これは重要だと思うことだけを

実生活ですぐに使います。

これを繰り返すだけで、わざわざ頭にインプットすることもなく、

アウトプットしながら記憶することが出来ます。

インプットの時間が必要ないので、一石二鳥です。

しかも、自分に合わないと思ったら速攻でやめて、別の方法をすぐに試せるので本の内容を

いくつも試して、自分にあったものだけを吸収することが出来ます。

大事なところをメモして、本を全部読んで、それから行動してだと

行動するまでに時間がかかるし、なにより心理的なハードルが高くなってしまうと思います。

この方法だと本を読んですぐに実行に移せるし、自分で実際に経験するので

より記憶に残りやすくなります。

ここで注意したいのが、一つの本で行動するのは3つまでにすることです。

人によると思いますが、僕は一度に3つが脳の容量ギリギリでした。

これ以上になると行動を忘れてしまったり、面倒くさくなってしまい、

続けることも難しくなってしまいます。

ここでもし、本を読んでいる途中で3つの行動が決まってしまった場合は、

それ以上は行動せず、その先は本を読むだけにします。

そして、今やっている行動が自分に合わないと思った場合には

その本の読んでいた箇所から気になった部分だけをピックアップします。

その時はまた読み返してもいいと思います。

しかし、本を読み返すことも面倒だと思う人(僕がそうでした)

もいると思うので、その時は思い切ってその本はもう読まない選択をします。

そんなことをすると本がもったいないと思う人がいるかも知れませんが、

そんなことは全く無いです。

本を読む上で大事なことは、その本の中から自分にプラスに働く

ものを見つけ出し、実生活に取り入れることです。

そしてそれを継続することで、自分の生活をより豊かにすることです。

大事なのは数ではなく、プラスに働くものがあるかないかです。

本の内容をすべて実践しようとして結局何も身につかなかった経験

誰しも一回はあると思います。

その原因が本の内容をすべて取り入れないともったいない

という思考だと僕は思っています。

とにかく一つだけでいいので自分の実生活に取り入れられるものは

取り入れて、人生を豊かにするという考えで本を読んでみてください。

誘惑がまったくないところで本は読め!

本を読んでいるときにスマホをチェックしてしまい、気づいたら本を読むこと

そっちのけでSNSをいじったりしたことありませんか?

本を読むことを中断することもなく、集中して取り組むためには

誘惑となるものは一時的に遠ざけて、周りに誘惑のない環境

本を読むことが重要になります。

そうすることで集中力を保ったまま、読書をすることが出来るようになります。

集中しながら読書をすることで、内容も忘れにくくなり、

読書自体もより楽しめるようになります。

そのため読書が続けられるためにも、記憶に残りやすくするためにも

周りの環境を整えることは重要だと思います。

スポンサーリンク

初心者から一歩進んだ読書

ここからはある程度本を読むことに慣れて、本で読んだ内容を

行動することが出来るようになった方が、

次のステップとしておすすめする方法です。

結論から言いますと、

本を読んで大事だと思ったことをノートに1ページ分だけ書くです。

これは先程の行動をするアウトプット法とは異なり、インプットの内容になります。

このノートに書く内容としては、具体的に行動出来る内容ではないが重要だと思ったこと

もしくは、行動はできるが今の自分では出来ないことです。

これを書くことで、本を何度も読む必要もなくなり、その内容が実践出来る日が

来たときに、素早く大事なところのみを見て行動することが出来ます。

時短にも繋がりますし、同じ本を何度も読むという面倒くさくてしんどいことも

する必要がなくなります。

もちろん、何度見ても面白いと思う本や何度も読み直す必要がある本については

これには当てはまりません

そういう本はあまり出会うことがないので、出会えたことに感謝して

何度も読み直した方が結果的に自分のためになると思います。

ここでなぜ1ページなのかという疑問が出てくると思います。

それは、1ページが僕の限界だからです。

3行が限界だったり、5ページまでならいけるという人もいると思います。

ここは自分の限界と相談して、本を読むことに支障がでないライン

というのを探っていってみてください。

大事なのはノートに書くことが目的ではなく、本の内容を自分に活かすことです。

そこを忘れないよう注意しながら取り組んでみてください。

まとめ

様々な読書の方法を試した結果、今の方法にたどり着きました。

この方法だと、疲れることもなく、読書を楽しみながら自分に活かす

事ができております。

まだまだ僕の知らない効率的な読み方もあると思いますが、

自分が知る中で最も良かった方法をご紹介しました。

読書で困っている人の参考になれば幸いです。

ではこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました